自己破産のリスク<必読!破産手続きする前の覚悟とは!?>

自己破産の手続きの流れ・手順について

自己破産の手続きは難しいイメージがありますがきちんと段取りを踏んで行えばスムーズに行うことができます。

 

まず自己破産の申し立てを行います。

 

これには破産手続きと免責許可の申し立てを行いますが、破産法の改正によってふたつの申し立てが同時に行えるようになりました。

 

この申し立てには自己破産に必要な書類と添付する資料を揃え、管轄の地方裁判所に提出します。

 

その後1か月から2か月後に破産の審問が行われます。

 

ここでは裁判官から簡単な質問を受けることになります。

 

東京地方裁判所など一部の裁判所では即日面接ということが可能で、本来でしたら1か月から2か月かかるところが即日で行えます。

 

これは弁護士が申立人の代理として行う方法で、自己破産にかかる日数をその分短縮することができます。

 

数日後破産手続きの開始決定がなされます。

 

申立人に高額な財産などが無い場合には同時破産廃止となります。

 

また1か月から2か月後には免責も決定され、官報に記載されることになります。

 

申立人に免責不許可事由などが無い場合にはこれで終了することになります。

 

自己破産は個人でも行うことは可能ですが、やはり手続き上のミスなどを防いで確実に行うためには弁護士もしくは司法書士に依頼することがベストでしょう。

 

自己破産2回目の方は、さらに詳しく!

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法