自己破産のリスク<必読!破産手続きする前の覚悟とは!?>

差し押さえになったら直ぐに専門家に相談

債権者から口座や住宅、車など財産の差し押さえをされた場合、借金問題は最終段階にきたと言えます。

 

この時、債務者側のとる最終手段として自己破産などが考えられますが、

 

決してメリットばかりあるとは言えません。

 

財産の差し押さえになった場合は、先ず第一に弁護士などに相談することです。

 

この時、特に債務整理の実績の多い弁護士事務所に相談するようにしてください。

 

自分一人で抱え込んでいると自己破産しかないと思っていたのが、専門家の方の客観的なアドバイスのおかげで

 

違った解決手段を見つける可能性もあります。

 

相談を無料でやってくれる事務所も多いですし、是非有効活用してみて下さい。

 

自己破産後の生活とはどのようなもの?

 

みなさんは自己破産のイメージとしてどのような印象をお持ちでしょうか?

 

一般的に自己破産のイメージは、借金で首が回らなくなってしまった結果行われるもので、デメリットばかりあるように思われがちですよね。

 

しかし、自己破産にはデメリットもありますが、ちゃんとしたメリットもあるのです。

 

自己破産の大きなメリットとしては、債権者からの執拗な借金取立てがなくなるということです。

 

自己破産の申し立てを裁判所に行うことで、債権者からの取立てが禁止になり、借金の追い立てに追われることがなくなります。

 

また、弁護士や司法書士に自己破産の依頼をする場合には、その弁護士や司法書士の方が、自己破産の旨の通知を債権者に通知することで、取り立てを禁止することができます。

 

そして裁判所から免責決定が行われると、今までの債務がゼロになります。

 

また、免責後の収入は自由に使うことができるようになるので、新しい人生のスタートを切る方法として自己破産は最適な方法なのです。

 

一方自己破産にはデメリットもあります。

 

たとえば自己破産したことが情報機関に登録され、登録抹消まで7年程度ローンを組んだりやクレジットを利用することができなくなってしまいます。

 

また、職業の制限を受ける場合があり、弁護士、公認会計士、税理士などの資格所有者は資格停止となり、業務ができなくなることもデメリットの一つです。

 

一方、任意整理と言えば、

 

借金を返済していく上で、過払い金があった際は返金があることもあります。

差し押さえになった時の無料相談【おすすめ弁護士】記事一覧

給与差し押さえになった時の対処法

債権者側から給与の差し押さえをされてしまったら、どのように債務者側は対処すればいいのでしょうか?手段として1番考えられるのが、債務整理です。ですが、この債務整理は素人がすぐに出来るほど決して簡単な作業ではありません。そのため、先ず皆さんがやるべきことは、債務整理の実績が多い弁護士事務所などに相談する...

≫続きを読む

 

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法