自己破産のリスク<必読!破産手続きする前の覚悟とは!?>

自己破産には様々なデメリットがあります。しかし、自己破産の理由は人それぞれ様々です。或る人にとっては大きなデメリットでも、別な人には大したデメリットではないという場合もあります。

 

問題なのは、もしも自分が自己破産の当事者になる場合は、あくまでも自分にとってのデメリットを事前にしっかりと把握しておくことです。

 

一般的な主なデメリットとしては、「一定の財産を失う」、「連帯保証人に迷惑をかける」、「官報に記載」、「住所の移転と旅行が制限」、「破産者名簿へ記載」、「面積許可後七年間は自己破産はできない」、「職業や資格の制限」、「不動産を売却」、「加算管財人による郵便物の管理」、「クレジットカードなどの取得が困難」などが挙げられます。

 

それらの中で、自分にとって大きなマイナスとなりそうなものから順番に調べればよいのです。たとえば一定の財産を失うことが気になる時はそれを調べれば、「ある程度以上の財産を所有している者のみがこれに該当する」ということが分かります。そうすれば、事前対応もしやすくなります。

 

また、不動産など何も持っていなければ、上記の「不動産を売却」などは最初から無視して構わないわけです。

 

このように、自分にはどんなデメリットが発生するのかを確認して、本当に自己破産を選択するのかどうかを検討すれば良いのです。

 

その他、個人再生ローンにて債務整理を行なう方法もあります。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法